日経チャンネルマーケッツ お試しブログ

日経チャンネルマーケッツ お試しブログでは、リアルなマーケット情報をいち早く知ることができる方法やおススメ番組などご紹介しています。まずは、当サイトをチェック!

有料サービスである日経チャンネルマーケッツですが、ここでしか見れない現実的なマーケット情報を、
お試しで初回1か月を無料で視聴できるんです。

日経チャンネルマーケッツの公式サイトには、お試しができる新規登録方法のわかりやすい説明がありますので、
こちらでは、その順序をご紹介します。

日経チャンネルマーケッツお試し ステップ1

①日経IDの取得。
  公式サイトページの右上《新規登録はこちら》をクリック。

②《日経IDを新規登録》をクリック。
  登録無料。IDをお持ちの方は、ログイン後日経チャンネルマーケッツステップ2へ進む。

③日経IDになるmメールアドレスail addrresを入力。取得受付のメールが届く。

④手続きページへ進んで必要情報の入力。取得完了。

日経チャンネルマーケッツお試し ステップ2
ID取得の完了で、利用登録ページへと進む。

①クレジットカードの情報を入力後、利用規約を確認し、
 同意して頂いたら、日本国内に住んでいるかを選んで《記入内容を確認する》を、
 クリック。

②記入内容のご確認後、《この内容で登録する》をクリック。登録完了。


視聴可能な端末について

PCでの推奨環境→ OS:Windows XP,Windows Vista,Windows 7,Windoes 8,Mac OS X10.6以上
          ブラウザ:Internet Exproler 8.0以上,およびFirefox,Google Chrome,Safariの各最新版
          プラグイン:Adobe Flash Piayer 10.3以上
          設定:Java Script,Cookieが有効

モバイル機器での視聴は以下です。
         iPone Androidスマートフォン
         iPad Androidタブレット

申込月のご利用料金は、月末まで無料となります。
ご契約後は、毎月自動更新になりますので、
申込月の翌月より料金・月額972円(税込)がかかります。

利用可能なクレジットカードは以下です。
JCB、MasterCard、VISA、Diners、AMEX、MUFG、三井住友、UFJ、NICOS、DC、
US、トヨタファイナンス、SAISON、Orico、CF、OMC、JACCS、Life

以上です。
   
先ずは、お試しで利用してみてはどうでしょうか?
新たな可能性への気づきや、発見があるかもしれないですね。


→日経チャンネルマーケッツをもっと知りたい方はこちら!



ここからは、日経チャンネルマーケッツをより便利に使って頂くために、
お客様から集めたQ&Aをご紹介致します。

<提供サービスに関する質問>
Q:日経チャンネルマーケッツとは、どうゆうサービスですか?
A:マーケットの動き(東京証券市場からニューヨーク株式市場まで)を、PC、
  タブレット、スマートフォンでご都合のよい時に見ることがでるサービスになります。

Q:このサービス海外で使うことはできますできるのですか?
A:国内だけのサービスになっています。

<登録情報に関する質問>
Q:パスワードを忘れてしまった場合どのようにすればよいですか?
A:再登録をしてください。

Q:解約希望ですが、どうしたらよいですか?
A:ログイン後、登録情報から解約の手続きをしてください。

<ご利用料金やお支払いに関する質問>
Q:支払方法について教えてください。
A:お支払いはクレジットカードのみになります。

Q:サービスを受ける利用料金について、月額のお値段はいくらですか?
A:月額税込み972円になっています。それ以外の受信料はお客様のご負担になります。

<視聴環境に関する質問>
Q:Andrid端末で見られないのですが、どのようにしたらよいのでしょうか?
A:各種配信設定を実施してください。

いかがですか?公式サイトにもっと詳しいQ&Aがご紹介されていますので、
気になる方は、すぐ確かめてみてください。


→日経チャンネルマーケッツをもっと知りたい方はこちら!



お好きな時にPCでもタブレットでもマーケット市場情報を見ることができる
日経チャンネルマーケッツです。

ここで、日経チャンネルマーケッツ市場最上の解説茶をご紹介致します。

・井上 哲男
 大学卒業後、国内保険会社へ入社。ファンドマネージャーとして28年間、その経験を生かし、
 2014年春にスプリングキャピタル社代表に就任。日本証券アナリスト協会検定員の資格保持。

・大石 信行
 日本経済新聞社入社。その後、シゴニー支局長を経験してテレビ東京のマーケティング番組の代表格にあたる、
 「ワールドビジネスサテライト」マーケットキャスターの職責を果たす。
 その後、日経CNBCエグゼクティブプロデューサー兼経済解説副委員長に就任している。

・岡崎 良介
 伊藤忠商事のアメリカ勤務を経て、野村証券投資信託委託のファンドマネージャーになる。
 現在は、独立し「マーケット・アナライズ」代表に就任。GAIA株式会社 投資政策委員会メンバー。
 2013年より、日経CNBC経済解説コメンテーター。

・岡村 友哉
 国内大手証券会社を経て、投資情報会社フィスコ社に務め、2010年以降日経CNBC経済解説コメンテーター。。

・鎌田 泰幸
 外資系銀行の資金為替部に勤務後、日興証券に転職。資金企画を担当後、
 ブルームバーグTVへ入社。2009年より日経CNBC経済解説コメンテーター。

・崔 真淑
 大和証券へ入社後、株式アナリストとして活動する。2013年より日経CNBC経済解説コメンテーター。

・谷本 有香
 テレビでの金融経済アンカーに就任、日経CNBCキャスターを務めた後、
 同局女性経済発解説者として活躍。

・直井 敦
 日本経済新聞社でマネー編集部等を経て日経CNBへ。

・西川 靖志
 日経CNBC初代経済解説委員。

・平野 憲一
 (有)ケイ・アセット代表。2015年より日経CNBC経済解説コメンテーター。


以上。
このようなメンバーで、マーケット市場を鋭く読みとっています。


→日経チャンネルマーケッツをもっと知りたい方はこちら!




このページのトップヘ